弱虫ペダル 665話 ネタバレ 感想 新開悠人 VS 新開隼人 兄弟対決開始

漫画「弱虫ペダル」最新第665話「悠人、出撃」のネタバレ感想です。箱根学園追い出しレースの前に真波は箱根学園の通学路にある文房具店、野川文具店へ。店主の野川さんの勧めで探していた大きな☆のシールを見つけることができた。

 



スポンサーリンク


 

665話の続き、弱虫ペダル最新666話のネタバレ感想はこちら

田所迅、東堂尽八の大学生活が描かれる 弱虫ペダル スペアバイク最新話のネタバレ感想はこちら

前話、弱虫ペダル 664.5話のネタバレ感想はこちら

 

前話、弱虫ペダル 664.5話の振り返り

 

弱虫ペダル 664.5話 ネタバレ

箱根学園の通学路にある文房具店、野川文具店は生徒たちで大繁盛していた。店主の野川は生徒が店に入るなり何を欲しているかがわかるという

真波がやってくるが野川は真波が望むものを当てることができず、シールを探していると聞き在庫を取り出す。真波は追い出しレース用に探していた大きい☆のシールを見つけることができ満足する

 

弱虫ペダル 最新 665話 ネタバレ 感想

 

悠人 VS 隼人

出ろと銅橋が悠人に指示する
飛び出す悠人

前にいた隼人に追いつく

 

(兄弟対決。ということで新開隼人は今日は隼人で行かせていただきます!(笑))

 

 



スポンサーリンク


 

銅橋は自らの☆シールを悠人に託す
泉田はここで悠人が前に出てくる展開を予想しておらず動揺
お互いに引いてきたのではなく、銅橋の疲れっぷりから一人で銅橋が引いてきたことがわかる

泉田は隼人に警戒するように伝え、同じく☆を託した

 

(☆に勝手な?ルールが追加されてますね。。託すとかアリなんですね。あとで返してくれるんですかねー勝ったら)

 

改めて飛び出す2人
更に加速する悠人の姿を後ろからニヤリと笑ってから隼人が追い抜く
一緒に走るのは久しぶりとか、それがホーネットかとか、隼人が自分をバカにしているようで悠人はイラつく

 

(悠人の気持ちわからなくはない(笑)軽口はイラッとくるかもしれない。しかもイケメンの兄だし)

 

努力して兄に追いついても、その頃にはもっと高いところから見下ろしてくるのだと
だから近づかないようにしていたのだと考え
幼い頃の祭の夜のお面の想い出が蘇る

 

(お面・・・何があったんでしょうね。握りしめた570円で500円のお面は買えたけど、兄が欲しかったのを先に勝っちゃったとかそういうビタースイートな話なのかな?)

 

飛ばしすぎだと悠人に注意する隼人
残りまだ5キロあるからバテる
相手を風よけに使ったりするんだと助言を続けた後
隼人は成長したなと悠人をまじまじと見つめて言った

 

 

 

照れを隠しながら今関係ないだろと悠人
隼人は昔、近所のあずまやまで競争したなと肩に手をやろうとするが
悠人はかわしてスプリントラインでの勝利を宣言する

 

隼人はなかなかその気になってくれませんね
直線鬼やってくんないのかなー

隼人が本気になるには悠人がもっと実力を発揮しなきゃなのですかね
隼人が悠人のことどう思ってるのか、隼人視点でのモノローグもほしいですね!

 

弱虫ペダル 666話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。