弱虫ペダル 666話 ネタバレ 感想 祝アニメ5期決定 兄弟バキューン対決

漫画「弱虫ペダル」最新第666話「バキューン」のネタバレ感想です。箱根学園追い出しレース、銅橋が引きスプリントラインの勝負へ悠斗を送り出す。対する泉田も新開隼人を前へ。兄弟対決となったスプリント勝負。先に仕掛けたのは・・・

 



スポンサーリンク


 

666話の続き、弱虫ペダル最新667話のネタバレ感想はこちら

田所迅、東堂尽八の大学生活が描かれる 弱虫ペダル スペアバイク最新話のネタバレ感想はこちら

前話、弱虫ペダル 665話のネタバレ感想はこちら

 

前話、弱虫ペダル 665話の振り返り

 

弱虫ペダル 665話 ネタバレ

銅橋が引き、悠斗が前へ出る。泉田は交互に引いたのではないと察知し、悠斗で勝負する気だと理解。同じく☆シールを新開隼人に託し前へ出した

隼人は成長したなと悠斗と会話しようとするが悠斗は隼人の余裕たっぷりの様子が昔から気に入らなかったのだった。

 

弱虫ペダル 最新 666話 ネタバレ 感想

 

2022年10月についにアニメ第5期
長かった・・・・長過ぎました。

2年目のインハイの途中で終わるという残酷な展開のまま、はや3年
2018年に4期だから、4年越しに続きが観れるとか・・・・

めでたくって?チャンピオンは巻頭カラーでした
見開きカラーはもちろん、新開兄弟

 

 



スポンサーリンク


 

新開隼人 VS 悠斗

隼人は自分を倒すという悠斗によく聞こえなかったからもう1回言ってくれと煽る
圧に気圧されそうになる悠斗だが、ちゃんと聞こえてんじゃねーかよと言い返し
再加速

走りながら、兄の影を振り払おうとする
良いフォームだと感心しつつ、隼人はすぐにおいついてみせる
悠斗は進化する兄のデータを刷新し、倒す方法を考えなきゃと必死

 

(はじまりましたね。兄弟対決!!隼人もようやく?対戦モードなので盛り上がってきました)

 

泉田と銅橋が話をする
期せずして注目の兄弟対決となったという泉田はふたりの魂の対決を一緒に加速して
この目で見たかったという
そして隼人がもし悠斗と一緒に走ることになったら、楽しい時間に感じるだろうと語っていたとも

 

(せつなそうな泉田よ・・・今から加速して追いつけないもんなんですかね・・・)

 

もっと加速だと煽る隼人
お前を倒すとバキューンポーズの悠斗に同時にバキューンポーズ返しする隼人
バキューンポーズは相手を必ず仕留めるという合図だと隼人が解説

 

 

 

(兄からのバキューンポーズの説明、思わず笑ってしまう)

 

隼人は悠斗の挑戦を全力で受け止めてやると応える

 

まだまだ終わってほしくないですね。兄弟対決
できれば追い出しレースとかじゃなくガチの大会でやってほしかったなー。悠斗が大学生になったら、それが叶うかもですね。

そして追い出しレースは他の選手たちにもスポットが当たる予定なのでしょうか?一応?☆シールのルールもあるし、葦木場と1,2年の対決とかもみたいなー。悠斗は次のインハイ、兄弟対決の勝敗に関わらずスプリンターとして出るのかな?

 

弱虫ペダル 667話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。