弱虫ペダル 最新 669話 ネタバレ 感想 立派に育つ箱根学園 新1年

漫画「弱虫ペダル」最新第669話「泉田たちの合流!!」のネタバレ感想です。箱根学園追い出しレース、新開隼人と悠人の兄弟対決。全開加速の隼人に悠人は3度も追いついてみせる。悠人は隼人の癖を思い出しており、加速するタイミングがわかっていたのだった

 



スポンサーリンク


 

青八木 VS 福富が実現!! 弱虫ペダル スペアバイク最新話のネタバレ感想はこちら

前話、弱虫ペダル 668話のネタバレ感想はこちら

 

前話、弱虫ペダル 668話の振り返り

 

弱虫ペダル 668話 ネタバレ

新開隼人は残り2kmで4回、全開加速をすると宣言。悠人は追いついてみせると隼人は驚く

悠人は隼人の昔からの癖を思い出したのだった。隼人は加速前に左肩が2回動くのだった。残り1キロとなり隼人はついに・・・

 

弱虫ペダル 最新 669話 ネタバレ 感想

 

新開隼人 VS 新開悠人

泉田と銅橋に後続の集団が追いつく
そこには川上と安財という1年の姿も

合流をしばし喜んだところで黒田はスプリント勝負で先頭争いしているのは新開兄弟なのかと気づき驚く

 

(久々のワイガヤですねー。あれ・・・でもやっぱり高田城いないですね。追い出しレース欠席が濃厚?)

 

 



スポンサーリンク


 

新開隼人に体をぶつける新開悠人
隼人はもっと強く当ててこいと悠人を煽るも、悠人は冷静に立ち回れと自らに言い聞かせる

 

(煽りつつ悠人の最大値を引き出そうとする兄の愛ってやつでしょうか)

 

そして勝利のために4撃目の加速を見極めようと息を潜める

後続の集団では2人の勝負が見たいと盛り上がる
しかし加速してしまうとその後の山とゴールをどうするんだという話に

主力組が話すのを聞いていた1,2年は自分たちが全力で引いて先頭に追いつくのはどうかと提案した

 

(川上と安財は来年のインハイのレギュラー候補ですかね。真波、銅橋、悠人、高田城が当確でしょうからあと2枠ありますもんね)

 

自分たちも箱根学園のメンバーでただ張り付いて走るだけじゃかっこ悪いというのを聞いた真波は
そうすると引いたメンバーは疲れて力尽き、新開兄弟を見ることはできないと指摘
それでも構わないと1、2年たちは全力で引き始めた

 

 

 

立派な後輩が育っていると黒田は感心
必死に引く後輩たちの姿に泉田は涙する

 

(新世代が台頭しているのは喜ばしいですね。ライバルは強いほうが燃えるので箱学には超スゴなラインナップに仕上げてほしいです!!)

 

先頭では新開隼人の煽りが続く
逃げるな日和るな他人の評価を信じるな
お前はもっと強いという兄の言葉にイラつく悠人
兄の存在がプレッシャーになりはじめた頃の記憶が蘇る・・・

 

 

 

追い出しレース思った以上の盛り上がり展開と、この後の山とゴールも描かれそうな予感で
想定以上のロングランですね。悠人の覚醒で悠人が総北にとってかなりヤバい存在になるって展開はアツいですねー
追い出しレースは箱学の伝統ぽいけど、総北や京都伏見に似たような行事ってありましたっけ・・・?総北はなんかあったような記憶

 

弱虫ペダル 670話へ続く

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。