弱虫ペダル スペアバイク 最新 101話 ネタバレ 感想 田所迅の退部届

別冊少年チャンピオンで連載中の弱虫ペダル SPARE BIKE。最新第101話「筑士波大学7」のネタバレ感想です。修作に写真を撮ってもらい巻島へ手紙とともに送った東堂。ふたりは入学前から準備して自転車競技部を設立したのだった・・・別冊少年チャンピオン2021年12月号掲載エピソード

 



スポンサーリンク


 

前話、弱虫ペダル スペアバイク 100話 筑士波大学6のネタバレ感想はこちら

弱虫ペダル 本編のネタバレ感想はこちら

 

前話 弱虫ペダル スペアバイク 100話 筑士波大学編 振り返り

 

弱虫ペダル スペアバイク 100話 筑士波大学編 ネタバレ

修作に写真を撮ってもらう東堂。写真は手紙に添えて巻島へ送るのだった。ふたりはその後、東堂の寮へ。引きの強い東堂の寮は新しく広い第一寮。修作は部屋の広さを羨ましく思う

ふたりは入学前に自転車競技部設立のため書類を用意し準備していたのだった。田所は東堂から自転車競技部のことを聞き驚いた。

 

弱虫ペダル スペアバイク 最新 101話 ネタバレ 感想

 

田所の決意

サイクリング部の靴野井を訪ねる田所
実は10日間ほど部活を休んでいたのだった

東堂尽八に再会したことでロードバイクへの想いが再燃した田所には
自分の想いが本物なのか、今一度時間をかけて確かめる時間が必要で
1年の最初の泊まり合宿を休んでまで、1週間ほど時間がほしいのだと靴野井に頭を下げたのだった

 

(1週間って言ってたのに10日休んだんかい!(笑) 休むのが許可制となるとサイクリング部も地味に厳しそうですね。バディ制とかだし相手に迷惑かけないようにってことなのかな)

 

 



スポンサーリンク


 

靴野井は今年の夏はマダカスカル島への旅を計画していると語りだす
バオバブの木の下を走り抜け、想像した以上の景色に出会う
喧嘩や苦労もするだろうが最後には皆行ってよかったと必ず言うのだと

遠い目をしながら靴野井は、その様子をホームページで見てくれるか?
もう心は決まっているんだろう?と続けた

 

(マダカスカル島をサイクリング!!素敵すぎる。これぞ大学生の醍醐味って感じがしますね。サイクリング部兼務じゃだめなの?)

 

戸惑いながらも田所ははい!!と大きく応える
靴野井は10日前に休みたいと言い出したとき、すでに決意の目をしていたよという

そして自分で決めた道ならそこに、失敗はあれど後悔はないのだと

 

退部届を受理した靴野井
田所にバディが見つからなければ、立候補しようと思っていたと笑う

 

 

田所は短い間でしたがありがとうございましたと頭を下げた

 

(切ない別れですね・・・・サイクリング部もでも本当に面白そうで、本編にあったMTBもそうですが、自転車と一言に言っても色々な世界がありますね。サイクリング部編は靴野井さん主役でまたスピンオフってほしいです)

 

田所と東堂は同じジャージを着て練習へ向かう
修作は先輩とお茶するので欠席だ

 

(修作ゆるいなー(笑)実質2人か・・・残りのメンバーどうするんでしょうか。1年目は団体戦レース出れずなのかな)

 

田所はまた下りで勝負だと持ちかける
前は東堂が勝利したようだ

ペダルを踏みながら考える田所
レースの世界に戻れそうになったことを東堂に感謝し、興奮していた

靴野井にも見に来て欲しいと伝えた初レースは
筑波山でのレースだった

 

2人で出れるんだ・・2人、いや修作一応いれて3人で5人分の距離を走るイメージですかねー
ファミレス編でも次回レースは筑波山とありましたので、遂に大学組が揃うレースがはじまるわけですかね?

アツい、これは盛り上がること間違いなし!!

 

弱虫ペダル スペアバイク 102話へ続く

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。